ホームへ 〒389-0516
長野県東御市田中66‐1
TEL 0268-64-6699
FAX 0268-64-6611
学科紹介          救急救命士学科 柔道整復師学科 山岳救命コース


  
命を守る1分1秒の国家資格

救急救命士学科

  

救急救命士とは

 病気や事故などによる重度傷病者が病院に搬送されるまでの間、医師の指示のもと救急救命処置を行います。救急救命士の処置如何でその後の患者の運命が左右されるといっても過言ではなく、冷静な判断力と迅速な行動力が要求されます。
 1991年に「救急救命士制度」がスタートして十数年。平成24年4月1日現在の全国の消防署に勤務する救急隊員は59,847人、うち救急救命士の有資格者数は22,118人と救急隊員の37.0%に止まっている。救急車に1名ずつの配備が最低限必要といわれていますが、年間約571万件に上る緊急出動に対応するためには、まだまだ救急救命士の数は不足しています。近年、救急救命士に認められる医療行為の拡大が図られており、2003年4月から医師の具体的指示なしでの電気的除細動が、2004年7月からは医師の具体的指示に基づく気管挿管が、2006年4月からは薬剤投与が認められています。今後その範囲がさらに拡大していくことは確実で、救急救命士への期待は高まるばかりです。

本校救急救命士学科の魅力

  1. 充実した専任教員の陣容(経験豊富なベテラン教員と、学生の気持ちがわかる若手教員)
  2. 専門科目の授業の95%以上は専任教員が担当
  3. シラバスを遵守し、計画的・有機的で粒の揃った授業
  4. 少人数のグループで行う実技訓練
  5. 充実した実習(救命救急センターでの臨床実習と、地元消防署での救急自動車同乗実習)
  6. 救命処置の指導・普及を通じた地域との交流
 卒業後の進路救急救命士学科紹介動画

 カリキュラム
●1年次
科学1、科学2、科学3
英語、人文科学、社会科学
体育、礼式訓練・体力錬成
人体の構造と機能、救急医療概論
観察・評価、救急処置①②
救急症候・病態生理学①~④
早期体験実習
シミュレーション(基本)1

●2年次
礼式訓練・体力錬成、法医学・病理学
救急症候・病態生理学⑤
呼吸器疾患、循環器疾患
消化器疾患、神経疾患
小児・妊産婦疾患
その他の疾患(1)・(2)、外傷総論
外傷各論・熱傷・異物等
シミュレーション(基本)2
シミュレーション(応用)1
公務員試験対策
山岳救命コース(選択)

●3年次
礼式訓練・体力錬成、健康と社会保障
環境障害・急性中毒学
シミュレーション(応用)2
救急車同乗実習、臨床実習
国家試験対策 、公務員試験対策 
バックボード

気管挿管

降下訓練

消防署体験実習

徽章授与式


2018年度シラバス(PDF/722KB) 

学科からのメッセージ

 救急救命士の仕事は、医療従事者の中で誰よりも早く現場に駆け付け、失われつつある生命を生者の世界に連れ戻すための「救急救命処置」を実施することです。死に瀕する人を救うことは、暗闇の中、遠い薄明りに向かって進むことに似ています。正しい知識と理論に基づく確かな技術を要する仕事であり、見よう見真似でない本物の実力が求められます。
 本校では、救急救命士になるための知識、技術、規律、体力、心構えを3年間かけて養成します。人の命にかかわることですから、毎日が座学と実習の連続です。生易しくはありませんが、やる気さえあれば必ずやり遂げることができます。
“勉強は厳しく、学校は楽しく”が、救急救命士学科の方針です。先輩たちも、「救急救命士になる!」という目標に向かって努力を続け、3年間で大きく成長し、みごと資格を手に入れてきました。
 同じ志を持つ人たちと一緒に学び、国家資格を取得して憧れの救急救命士となりませんか。夢が実現するか、夢に終わるか。それを決めるのはあなた自身です。



■在校生からのメッセージ 消防官として活躍できるように努力していきたい

救急救命士学科 14期生
西澤 早紀さん
長野県大町岳陽高校 出身 
 私は人命救助や医療系の仕事に興味があり、長野県で唯一、救急救命士を目指せる長野救命医療専門学校に入学しました。また地元では登山が盛んなこともあり、いずれは山岳救助の知識も学べる山岳救命コースがあったこともきっかけでした。
 学校での授業は、救急救命士に必要な知識や技術は勿論のこと、現場を想定した実技の授業がたくさんあり、毎日充実した学校生活を送っています。
 これからも基礎を大事にしながら、さらに知識や技術を身に付け、将来は消防官として活躍できるように努力していきたいです。

■在校生からのメッセージ 地元の消防官になり地域の安全を守りたい!
  
救急救命士学科13期生
藤森 智也さん
長野県上田東高校 出身
 私が本校に入学した理由は、地元の救急救命士の方に実際の体験を聞いた際に、救急救命士の重要性に強い憧れを抱くようになったからです。救急救命士養成校を探している中、長野救命医療専門学校のことを知人から紹介してもらい、パンフレットの内容やオープンキャンパスに参加した結果、座学だけでなく実技にも力を入れている本校へ入学することを決めました。
 授業では特にシミュレーションという想定訓練に私は力を入れています。練習ではありますが、実際の傷病者だと常に緊張感を持って授業に臨んでいます。勉強は非常に難しいですが仲間と切磋琢磨しながら頑張っています。
 私は将来、地元の消防官になり働くことが目標です。この3年間で目標実現のため、日々努力していきたいです。

■卒業生からのメッセージ
 感謝の気持ちを忘れずに!
卒業生画像

救急救命士学科 6期生
伊藤 俊さん
上伊那広域消防本部 所属
  私が長野救命医療専門学校での3年間で得たものは、救急救命士の資格を持った消防官として活躍するために必要な知識・技術でした。
  学生時代の授業では、傷病者のために何が必要なのか常に考えていました。救急要請をした傷病者がどんな状態に陥っているかを的確に判断し、迅速な処置を行うため、根拠となる知識・技術の基礎を鍛え上げる場となったのも学生時代の授業でした。
  また、先生方が救急救命士の勉強だけでなく、公務員試験対策や面接練習を手厚く指導してくださったおかげで、無事に公務員試験を突破することができました。
  私が3年間の学生生活を有意義に過ごすことができたのは、同じ目標をもつ仲間と切磋琢磨できたこと、そして熱心なご指導をしていただいた先生方のおかげです。
  皆さんもこの恵まれた環境に感謝し、現場で考えることができる救急救命士を目指してください。