本文へスキップ

医療系就職を支援!長野救命医療専門学校


  接骨院や整骨院では、骨・関節・筋・腱・靭帯などに発生する骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの損傷に対し、柔道整復師が手術をしない「無血療法(非観血的療法)」によって、整復・固定などを行い、人間の持つ治癒能力を最大限に発揮させる治療を行っています。
 この職業の最大のメリットは、独立開業ができることです。さらに健康保険の取り扱いも許可されており、これは医師以外では柔道整復師のみに認められた特権です。独立開業以外には、接骨院勤務や病院の整形外科チーム、スポーツトレーナーなどの進路もあります。高齢化社会の現在、介護保険制度の中でも生かせる資格で、老人介護施設や福祉施設などでリハビリテーションを行う機能訓練指導員としての活躍も期待されています。

■全国平均を上回る高い合格率

 本校の新卒生の国家試験合格率は、平成28年度が86.7%(全国82.2%)、平成29年度が90.0%(全国82.9%)と全国平均を上回っています。
 その順位は、平成28年度が全国107校中42位(長野県内1位)、平成29年度は全国105校中36位(長野県内1位)と高い合格率を上げています。
 その理由に、本校は開校当初より全日制(1日6時間授業)を取り入れ、柔道整復師国家試験受験資格に必要な単位以外にも卒業後即戦力になるよう実技や実習、また国家試験対策にも他校に類を見ない程の時間数を費やしています。
 このことは、国家試験合格率のみならず、11月に行われる認定実技審査(国家試験の実技審査)の開校以来9年間、3年生全員受験、全員合格のダブル100%を継続している実績に表れています。
 全員卒業、全員受験、全員合格を第一のスローガンに掲げ、教職員一同全力で学生をサポートします。

■平成30年カリキュラム大改編に対応

―柔道整復師学科より重大なお知らせ!―

 皆さんご存知ですか?平成30年4月より、全国すべての柔道整復師養成施設において、教育課程(カリキュラム)が全面的に変更になります。これは、より質の高い柔道整復師を養成するため、現行の単位制に加え、授業時間数の最低時間数が設けられることになりました。
 これにより、単位数は現行の85単位から99単位に、授業時間数は最低2750時間以上と大幅に引き上げられます。
 本校は前述のとおり、開校以来全日制を取り入れています。現在既に本校の卒業に必要な単位数は90単位で、それとは別に、国家試験対策を3年間で約300時間(20単位分に相当)行っているため、わずかな改編で対応できる予定です。
 もちろん、受験生の皆さんが最も心配される学納金の変更は一切予定しておりませんので、安心して受験していただけます。

■学科からのメッセージ

 今、本校で提案している「柔道整復師像」は、スポーツ、医療(接骨院、整形外科など)、社会福祉など幅広い分野での活躍が期待され、さらに「健康づくり教育」にも寄与する柔道整復師です。
 本校のあるここ長野県東御市は、幼児教育の時期から高齢者にいたるまでの「健康づくり教育」が盛んに行われている地域です。そこで本校でも、単に医療人としての知識や技術を学ぶだけでなく、地域で行われている「健康づくり教育」の活動に積極的に参加し、地域と密接な関係を作っています。
 現在の高齢社会において必要とされる人材は「治療」だけでなく「予防」もできる柔道整復師です。そのような人材を育成するために、医療や福祉の現場における様々な実習やボランティア活動を通して、病気やケガの予防、治療、高齢者福祉活動という広い視野をもった「柔道整復師」を養成するカリキュラム環境も整っています。
 柔道整復師はこれからまだまだ発展していく職業です。あなたも、私たちと共に、未来を担う柔道整復師を目指してみませんか。

卒業後の主な進路